Aug 18-25, Sunpiazza Theater @Sapporo

Sep 15-16, in→dependent theatre 1st @Osaka

INTRODUCTION

1984年、時任秀深は作家である妻の静を病で失おうとしていた。
静が息を引き取る前に、秀深は「二人で生活した時間を忘れない」と約束する。
やがて、友人や同僚に支えられ、教師として働く秀深の日常が戻って来る。

新入生を迎え、行事を行い、卒業生を送り出す。

心を開かない転校生の担任となった秀深は、

その母親との交流を通して、いつしか変わっていく。

当然のように笑いと涙があり、出会いと別れがある。

そして時は流れる。

妻を失った夫のその後を描く、20年以上にわたる年代記。

2000年初演作品を大改訂し、音楽に「ナイトスイミング」に続き橋本啓一氏、舞台美術には「果実」に続き彫刻家・藤沢レオ氏を迎え、札幌、大阪ほかで上演。


 

作・演出
弦巻 啓太
出演
スタッフ

音楽:橋本啓一 舞台美術:藤沢レオ


舞台監督:高橋詳幸(アクトコール株式会社) 照明:秋野良太(祇王舎) 音響:山口愛由美
宣伝美術:本間いずみ(Double Fountain) 宣伝写真:原田直樹(n-foto)
制作:小室明子(ラボチ)


 

Organization

©2018 by Tsurumaki Gakudan

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now